今すぐに婚活したいという方も、簡単に検索してパーティーに出席する事ができます。

だからということもないかもしれないけど、焦っている男が多いんですよね。

「誰でもいいから結婚したい!」って感じの人です。

そういう男性って、やっぱり結婚相手としてはちょっと遠慮したいです。

063965_R.jpg

婚活パーティーを含めた婚活サービスが色々な会社によってを開催しています。

平日の昼間などもやっていますし、 夜もやっています。

勿論休日休みの方のために休日のスケジュールも盛りだくさんになっています。

参加するにあたっては、事前予約をしていくという事が必要です。

それによって、非常に効率良くプランをたてていく事ができます。

場合によっては、人気が高かったり、前日になってしまうと、もう空席がないという事もありますので、できる限りお早目にしていくという事が必要です。

婚活パーティなどに参加して、非常に自分の好みの相手と巡り会う事ができたという方も少なくはありません。

そのため、できる限りご自分にとって、有利になるような婚活のタイプを選んで参加していくというスタンスが好ましくなってきます。

その婚活の形式によっては、自分が苦手なタイプもあります。

なかなか異性に積極的に話しかけにいく事ができないという方でしたら、個室でゆっくりと一人ひとりお話ができるようなところを選んで婚活していくという事がおすすめになってきます。

その中では、きちんと自分にとって有利になるような婚活イベントを厳選して出席していくという事が大事になってきます。

自分があまり居心地よく感じる事ができないというようなところに参加するという事がないように気を付けていくといいです。

気持ちにゆとりをもって、当日に挑みましょう!


世の中には結婚を強く望みながらも、仕事や人付き合いで忙しいあまりなかなか具体的な行動に踏み切れていない人も多いものです。

そんな人たちが日々のちょっとした余暇に手軽に結婚相手を探せる存在として、婚活サイトは極めて利便性が高く有効なツールと言えるでしょう。


婚活サイトでは他にも「結婚相手を探したい!」と望む異性が数多く顔写真入りで登録しており、いざ入会してログインを済ませれば、気になる顔写真をチェックしつつ、相手探しを展開することが可能です。

さらにそのプロフィール画面をクリックすると、メッセージ、趣味、学歴、結婚相手に望む条件、理想とする家族像などを読むことができて、その内容から相手の性格や考え方、人間性などを推し量る事が可能となります。


また、このような婚活サイトではただ理想の相手を探すだけでなく、気になる相手に対して積極的にメールを送る事でアプローチを図る事ができます。

プロフィールの中に大いに共感できる部分があったり、共通の趣味について何か言葉を交わしたくなったり、あるいは現住所や出身地が近かったりなどといった時には、それらの些細な共通項を糸口としてメールを書き送ることでそれが思いがけない一歩となるかもしれません。

そうした可能性の胚芽を幾つも積み重ねることによって、結婚までの道のりがより短く、確かなものとなるはずです。

婚活サイトについての最新情報は「婚活サイト料金@無料はダメ!安心できる婚活サイトの選び方」を読んで下さい。

とにかくネガティブすぎる彼

一緒にいるのが辛くなるような相手とは結婚したくないと思います。


具体的に言うと、昔お付き合いしていた人で、ひたすらネガティブな人がいました。

ilm08_ac05004-s.jpg
彼はとにかく落ち込みやすい人で、勉強・仕事・人間関係...少しでも自分に不都合なことがあると、こちらが心配になるぐらい落ち込む人でした。


私との関係でも落ち込みやすく、私が自分の仕事で連絡が取れないときに着信が何件もきていたり、メールを返信できないと即電話がかかってきていたり......

いくら「都合が合わないときがある」と言っても、彼自身が落ち込んでいるときにはまるで聞いてもらえませんでした。


すぐに落ち込むので当然頼りなく、デートや旅行の計画を立てるのも私...。

しかし今、彼を支えられるのは私しかいない、と思い何とか耐えていました。

そのうちに彼のネガティブさに拍車がかかり、私に強くあたることも多くなりました。

私自身も、好きなのに、一緒にいるのが辛くて体調を崩すことが多くなってしまいました。

彼は病院に通い薬をのむようになり、多少ましにはなったものの、互いにこれから先一緒にいることは出来ないと話し合うようになりました。


別れてからは良いお友達に戻れたので、そういう人は恋愛関係にならなければ良いんだなと思いました。

とにかく結婚相手には、一緒にいるのが辛くならない人が良いです。




man10_R.jpg2人兄妹で育ったせいなのか引っ張っててくれる年上の男性がいいなぁ~と思ってて、1・2年前の話ですが40代の男性の方々と何度か合コンをしたことがあるんです。

自分より大体10歳ほど上の人なので自分より大人な話が聞けるのではと社会勉強もかねて参加したんですがいささか残念な結果に・・・


まず話が盛り上がらないんです。

向こうから何か話を振ってくるわけでもなく、こっちからなにかしら質問などして会話をしようと試みるんですがこっちの質問に答えてそれで会話が終了・・・

その合コンの間はこっちから話を振り続けると言うちょっとした苦行のような時間を味わいました・・・


その他には知り合いの女性(仮名Aさんとします)に声をかけられ参加した合コンではある男性が自分からAさんに頼んで合コンをセッティングしてもらったにも関わらずいざ合コンの場でAさんに


「幹事なんだから!!」


と発破を掛けられると


「えぇ~僕、するのぉ~」


と一言。



Aさんが、色々骨を折って女の子に声をかけてたのを知ってたので正直、これにはげんなり・・・


その場もあまり男性が進んで盛り上げると言うことが無かったので結果女子が盛り上げると言う結果に。


で、どんな女性が好みなんですかと聞くとおしとやかな感じで、付いてきてくれるような感じの子が良いと言ってたんですが


正直、頼りない感じの人に付いていく勇気はないなぁ~と思いました。

逆に注意が必要なのは強引なリードをしてくる人です。

私の場合は婚活サイトで強引にリードされた相手は、サクラだったんですけど・・・w

いろいろな人がいますから、ちょっと注意しておいてくださいね。

参考になるサイトがあったので紹介します。

サイト名:オーネットに「サクラ」はいるの?いないの?どっちなの?
URL:http://www.kanbunkon.jp/
内容:オーネットにさくらがいるのかいないのかについて書かれています。







束縛し過ぎる男はもうイヤ!

外見も趣味も、雰囲気も私の好みストライクで、今まで一番愛したと自信を持って言える彼氏が私には一人います。

彼は年収や生活スタイルも結婚相手にピッタリで結婚まで考えましたが、彼の性格がどうしても許せなくてお別れしてしまいました。


それは、彼の束縛癖


私が彼以外の人と出掛けるときは、事前事後に報告は勿論のこと。

会う友人の名前、勤務先、携帯電話番号、会う場所を伝えなければならず、実際に会っているときにいきなり電話してきて電話先に友人を出すように命令することもしばしば。

どうも本当に教えた相手と会っているのか、疑っているようでした。


もちろん男の友人と遊びに行くなんて許されるはずがありません。

Facebookで私がタグ付けされた写真も全て確認し、会社の飲み会、同窓会の記念写真などで他の男と一緒に映っていればその男の人のプロフィールを逐一知りたがるのです。

それが夜中の3時であっても電話は来ました...。



挙げ句の果てには、結婚の話がでた途端!


『もう俺以外の男はいらないだろ?』



とさも当然かのように、私のアドレス帳の男性の連絡先を全て消去してしまったのです!

恩師の老教師も、私の父親の連絡先さえも!


この小さな積み重ねが許せなくなりお別れを切り出しました。


結婚は今後何十年も一緒に選ぶということ。

どんなに、格好良くても。どんなに年収が良くても。

我慢できないことはあるのだ、と勉強した一件でした。



私が絶対に結婚したくない男性

私が絶対に結婚したくない男性はずばり臭い男性です。

もうハゲでもデブでも不細工でも気にしません。

でも、臭いがきつい男性は本当に無理です。

具体的にどんな臭いがダメなのかと言われると困るのですが、生理的に無理な香りというものがあり、汚い表現ですが、口臭が下水のような人はどんなにイケメンでも無理です。(お食事中の方、すみません)


私の職場に、そこそこイケメンの男性がいます。仕事も出来るし、優しいのですが彼女が居ないそうです。

本当に失礼なことを言っているのは重々承知で書きますが、なんとなく理由が分かる気がします。

何故なら彼は結構な腋臭の方なのです。

本当に良い方なので、いつか彼を愛してくれる人が現れることを祈っていますが、私は無理だと思うのです。

でも、イケメンで仕事が出来るのに彼女が居ないという事実が示しているように、もしかしたら他の女性も無理だと思っているのかもしれません。


逆に、髪の毛が寂しくても太っていてもイケメンでなくても、良い香りがする男性はそれだけで惹かれます。

それは香水の香りに限らず、柔軟剤の香りやシャンプーの香り、または生まれもった体臭でも良い匂いの場合は惹かれます。


これを読んでいる男性の中で、顔をしかめられた経験のある男性がいましたら、一度病院や歯科に行くことをお勧めします。

屈辱的かもしれませんが、臭いというだけで女性から敬遠されては勿体ないですよ。